スマホのデータ通信量 減らして 格安SIMにする方法が分かった!

以前 au の スマホ を使っていた私ですが、会社のスマホもあるし、個人的な通話はあまりないので、スマホ料金が もったいないなぁ… と思っていました。かといって Xperia 派の私は、スマホ本体とセットの格安スマホは嫌なので、SIMフリーのXperiaにスマホ用の格安SIM を挿して使えると良いなと思い調べてみました。

まず、最近は格安SIM はたくさんあります。知名度が高い方が安心するなぁと思う人は、ソフトバンク系のYモバイルとかが良いかと思います。だいたいの電気屋さんの店頭で売ってます。長くやっているとこで、やっぱり docomo の通信網が安心かなぁと思う人は、日本通信の bモバイル (b-mobile)とかが良いと思います。私はbモバイルしました。

【送料無料】日本通信 b-mobile SIM 高速定額 データ通信専用 マイクロSIMパッケージ [BM-HADM]【在庫目安:僅少】

価格:3,434円
(2016/2/17 01:02時点)
感想(0件)


SIMは結局ほとんどがdocomoなどの大手キャリアの通信網で通話とデータ通信しますし、値段も月三千円以下でどれを選んでもそれほど変わりません。docomo.ne.jp のようなメールアドレスもないため、どれを使っているか人に知られることもないですしね。

気をつけないといけないのは、その携帯会社のメールアドレスが付いてこない点です。メールは gmail とか別のメールを取得することになります。携帯メール以外は着信拒否にしている人も多いですが、最近はメールより LINE とかでやり取りする人の方が多いでしょうから、問題ないですよね。

また、その LINE で「IDによる友だち追加を許可」することは、b-mobile のような MVNO のSIMではできません。大手キャリアによる「年齢確認」ができないためです。b-mobileはDocomoの回線なのですが、MVNOはDocomo IDに携帯電話番号登録ができないため、年齢確認には使えません。私のように LINE で他の人から検索して欲しくない人にはちょうど良いですがね。

もう一つ問題になるのは、スマホのデータ通信量 です。格安SIMが格安なのは スマホのデータ通信量 が月に 1GB 以下とかの場合で、データ量が多いと結局大手携帯会社とあまり変わらなくなってしまいます。私は見てみたら、月2GB弱データ通信してました。これではあまり格安SIMが格安で無くなってしまう…

そこでアプリごとの スマホのデータ通信量 をチェックしたら、妙に Facebook のデータ量が多い事を発見! そこで、毎回使い終わるたびにFacebookをログオフしてみたところ、1GB近く激減!結局Facebookが裏でたくさんデータをダウンロードしていたのが原因ですね。私はFacebookさえ毎回ログオフすれば、格安SIMです!私はイングレス (Ingress)が好きなので毎日イングレスしてますが、イングレスくらいであれば通信量は月1GBで余裕です。

格安SIMはbモバイルにしたのですが、インターネットで契約して送ってくるのを待っているのはちょっと不安・・・ということで、イオンSIMにしました。イオンSIMは日本通信のbモバイルそのものですが、イオンの携帯ショップの店頭でいろいろ聞きながら契約できるので安心です。

auショップでMNPで携帯電話番号の移行の仕方を聞いて、イオンに行って手続きしました。電話番号が振られるまで少し時間かかりましたが、問題なくSIMをXperiaに挿したら通話もLTEもつながりました。Xperiaは、SIMフリーのスマートフォンで、Amazonで海外から輸入しました。Xperiaのネットワークのその他の設定で、モバイルネットワーク、アクセスポイント名で、ユーザー名はbmobile@aeon 設定しました。

ちなみに当時のイオンSIMの bモバイル の契約は、「スマホ電話SIM LTEプラン月額定額1980(マイクロSIM)」 で、スマホ通話とLTEデータ通信の両方で月3000円ちょっとでした。今は、「スマホ電話SIMフリーData」の1GBデータのプランで、月2000円ちょっとです!

無料通話は付いてませんが、あまり通話しない私のような人には最適だと思います。回線はDoCoMo提供なので、通信スピードも普通のスマホとかわりません。これだけ安ければスマホ持っても通信料余裕ですね。

 
⇒Y!mobileオンラインストア

 

FacebookTwitterGoogle+Line