iPhone6 で急に 電源が入らない状態になった!が、無事復活!

今日、急に iPhone6 の電源が入らなくなりました。右上の 電源ボタンを押してもウンともスンとも言わない・・・。が、ネットで調べて、以下の手順で無事復活しました。

まず普通に ACアダプタ (コンセント) に接続し15分ほど充電しましたが、それでも電源は入りませんでした。どうも iPhone 本体内がおかしい状態になってしまっているようです。

そこで、「強制リセット」 たる操作をしました。iPhone6 右上の[電源ボタン]と、画面下の[ホームボタン]を同時に15秒ほど以上押し続けました。すると、反応が!赤い音符アイコンと、iTunesという表示が出てきました。なぜかわかりませんが、これが正しいリセット完了のサインのようなので、そこで、右上の[電源ボタン] を長押しして、iPhone6 を立ち上げ直すことで、無事立ち上がりました。

あ~良かった。明日朝大事な仕事で使う予定だったので、ほっとしました。

なぜ急におかしくなってしまったのでしょうか?
立ち上げ直した際に気がついたのは、朝満タンにしたはずの電池が、ほぼ無くなっていたらしい点です。ずっと立ち上がらない状態だったので、電池は使ってないと思ったのですが?

これまでと違う点で唯一思い当たるのは、昨日入手したばかりの FitBit (腕輪型の電子万歩計みたいなやつ)を試すために、iPhoneに FitBitアプリを入れて、今朝 FitBitアプリを立ち上げて見たことくらいです。そのFitBitアプリが、相棒のFitBitを探してずっと動いていて電池を食いつぶして変になってしまったとか?でもそんな分かりやすい問題があったら、アプリはとっくに修正されていますよね・・。

とにかく原因不明で怖いので、FitBitアプリはしばらく立ち上げないようにします・・。

 



 

FacebookTwitterGoogle+Line

スマホのデータ通信量 減らして 格安SIMにする方法が分かった!

以前 au の スマホ を使っていた私ですが、会社のスマホもあるし、個人的な通話はあまりないので、スマホ料金が もったいないなぁ… と思っていました。かといって Xperia 派の私は、スマホ本体とセットの格安スマホは嫌なので、SIMフリーのXperiaにスマホ用の格安SIM を挿して使えると良いなと思い調べてみました。

まず、最近は格安SIM はたくさんあります。知名度が高い方が安心するなぁと思う人は、ソフトバンク系のYモバイルとかが良いかと思います。だいたいの電気屋さんの店頭で売ってます。長くやっているとこで、やっぱり docomo の通信網が安心かなぁと思う人は、日本通信の bモバイル (b-mobile)とかが良いと思います。私はbモバイルしました。

【送料無料】日本通信 b-mobile SIM 高速定額 データ通信専用 マイクロSIMパッケージ [BM-HADM]【在庫目安:僅少】

価格:3,434円
(2016/2/17 01:02時点)
感想(0件)


SIMは結局ほとんどがdocomoなどの大手キャリアの通信網で通話とデータ通信しますし、値段も月三千円以下でどれを選んでもそれほど変わりません。docomo.ne.jp のようなメールアドレスもないため、どれを使っているか人に知られることもないですしね。

気をつけないといけないのは、その携帯会社のメールアドレスが付いてこない点です。メールは gmail とか別のメールを取得することになります。携帯メール以外は着信拒否にしている人も多いですが、最近はメールより LINE とかでやり取りする人の方が多いでしょうから、問題ないですよね。

また、その LINE で「IDによる友だち追加を許可」することは、b-mobile のような MVNO のSIMではできません。大手キャリアによる「年齢確認」ができないためです。b-mobileはDocomoの回線なのですが、MVNOはDocomo IDに携帯電話番号登録ができないため、年齢確認には使えません。私のように LINE で他の人から検索して欲しくない人にはちょうど良いですがね。

もう一つ問題になるのは、スマホのデータ通信量 です。格安SIMが格安なのは スマホのデータ通信量 が月に 1GB 以下とかの場合で、データ量が多いと結局大手携帯会社とあまり変わらなくなってしまいます。私は見てみたら、月2GB弱データ通信してました。これではあまり格安SIMが格安で無くなってしまう…

そこでアプリごとの スマホのデータ通信量 をチェックしたら、妙に Facebook のデータ量が多い事を発見! そこで、毎回使い終わるたびにFacebookをログオフしてみたところ、1GB近く激減!結局Facebookが裏でたくさんデータをダウンロードしていたのが原因ですね。私はFacebookさえ毎回ログオフすれば、格安SIMです!私はイングレス (Ingress)が好きなので毎日イングレスしてますが、イングレスくらいであれば通信量は月1GBで余裕です。

格安SIMはbモバイルにしたのですが、インターネットで契約して送ってくるのを待っているのはちょっと不安・・・ということで、イオンSIMにしました。イオンSIMは日本通信のbモバイルそのものですが、イオンの携帯ショップの店頭でいろいろ聞きながら契約できるので安心です。

auショップでMNPで携帯電話番号の移行の仕方を聞いて、イオンに行って手続きしました。電話番号が振られるまで少し時間かかりましたが、問題なくSIMをXperiaに挿したら通話もLTEもつながりました。Xperiaは、SIMフリーのスマートフォンで、Amazonで海外から輸入しました。Xperiaのネットワークのその他の設定で、モバイルネットワーク、アクセスポイント名で、ユーザー名はbmobile@aeon 設定しました。

ちなみに当時のイオンSIMの bモバイル の契約は、「スマホ電話SIM LTEプラン月額定額1980(マイクロSIM)」 で、スマホ通話とLTEデータ通信の両方で月3000円ちょっとでした。今は、「スマホ電話SIMフリーData」の1GBデータのプランで、月2000円ちょっとです!

無料通話は付いてませんが、あまり通話しない私のような人には最適だと思います。回線はDoCoMo提供なので、通信スピードも普通のスマホとかわりません。これだけ安ければスマホ持っても通信料余裕ですね。

 
⇒Y!mobileオンラインストア

 

FacebookTwitterGoogle+Line

iPhone の修理でアップルストアに行って分かった!データ紛失に気をつけよう

娘の iPhone5 の電源ボタンが効かなくなって、電池も一日もたなくなったのでこりゃいかんと、試験勉強中の娘に代わって携帯屋さん に行って聞きました。すると、 携帯屋 は売るだけで修理はできないとのことで、電機屋さん に電話したところ、 アップル・ストア でないと修理できないとのこと。そこで アップル の ホームページ を見たら、確かに 修理できる店はココだけというページ がありました。

その中から、せっかくなので アップル・ストア銀座店 に電話したところ、よくある問題で、おそらく一週間くらい預かることになるであろうとも教えてくれました。来週の週末なら予約可能とのことで、予約して出かけました。あまりの人の多さにびっくりしましたが、予約していたのですぐに呼んでもらえて、4FのGenius Barのカウンターに座りました。やさしそうなお兄さん(アジア系の方のようでしたが日本語は大丈夫)が丁寧に教えてくれ、電源ボタンは既知の製品そのものの問題で該当ロットのため無料で交換。電池もなぜか無料で交換と、さすがアップル太っ腹!と感心しました。

ではお願いしますということで、まず聞かれたのが、「iCloudのバックアップは取っていますか?」 とのこと。娘のiPhoneなので良く分からないなぁとブツブツ言っていたら、親切にも見ていただき、「今のこの設定ならバックアップ取るようになっているので大丈夫ですよ」 とのこと。「修理に出したらデータ消えることあるんですか?」と聞いたら「消えることもあるので、万が一のためですよ」とのこと。やっぱり親切だなっと。

ところが、iPhoneを預けて最後に修理申込書にサインする際に横にメガネのお姉さんが来て、「このサインは、個人情報削除のために iPhone のデータを全て削除することの承諾です」 とのこと。・・・は?今まで一言もデータを全て削除するとは言ってなかったのに、最後の最後にそれですか?「大事なデータ(娘の高校生活の思い出の写真の数々)が消えたら困るので、もしバックアップが無いと困るんです」と言ったところ「今からバックアップは時間がかかるので、無理です。サインしてください」とのこと。まあ一応iCloudにバックアップが取れてそうなので大丈夫かと、不安ながらサインしました。

代替機の iPhone5 を借りたのですが、娘の Apple ID とかよく分からなかったので、自宅に帰ってから借りた iPhone の初期化をしました。iPhone ユーザーでないのでよく分からないままセットアップしたところ、iCloud から写真が200枚ちょっとしかダウンロードされません。1000枚入っていたのに・・・と娘が言うので、アップルに電話し、預けたiPhoneのデータが必要なので修理を中止したいと伝えたところ「iCloudからのダウンロードは時間がかかるので、遅くいと2-3日かかります。それにお店でサインしていただいたら修理中止は無理です。」とのこと。なーんだ時間がかかっているだけかと思ったのですが、一週間たっても200枚のまま・・・。

後から分かったのですが、その200枚はバックアップではなく、iPhoneのフォトストリームの写真で、フォトストリームは30日間分しか保管されません。なので最後の30日間の写真は戻ってきたのですが、その前の二年間の青春の想い出が・・・。さらに分かったのですが、iPhoneの初期化の際に、「iCloudからの復元」 でバックアップされたデータを選ばないとデータをまとめて回復することができません。アップル・ストアはなぜこういった基本的なことを教えてくれないのでしょうか・・・。代替機を渡された時に、セットアップの説明書のようなものは一切渡されませんでした。

一週間待たず修理完了の電話が入ったので、とにかくアップル・ストアに行けば写真を何とかしてくれるだろうと望みをつなぎ、お店に行きました。前回と同じお店のお兄さんが、戻ってきたiPhoneをiCloudのデータから復元してくれようとしたのですが、iPhoneを預ける前までのデータが選べません。代替機を使った一週間でバックアップが毎日計3回取られており、それしか表示されないようです。

「過去のバックアップを調査できます」とのことで、お兄さんが調べてくれました。頼りになる!と思ったのですが、「過去のバックアップ、確かに3.2GBほど取った形跡はあるのですが、”未完了”になっています」・・・とのこと。「未完了の場合は、データを復元できません」と。ショック・・・。お兄さんは周囲の方々にいろいろと聞いて回ってくれましたが、先輩格の人が一言、「それは無理ですね」。絶望いたしました。娘の二年間の高校生活の写真、修学旅行や演奏会の写真は消えて無くなってしまいました。娘はもちろん、号泣です。

バックアップの未完了は、バックアップ中にWi-Fiが切れてしまったりした場合によく起こるようです。iPhoneはそもそもWi-Fiが無いとバックアップ取れません。知らずに途中で家を出るとアウトです。

最初の電話の予約の時に、「データは削除されますのでバックアップは確認しておいてください」と言ってくれていたら・・・。修理に預ける際に、バックアップが「未完了」ではなくちゃんと取れているか確認してくれたら・・・。と思いますが、アップルさんに言わすとそこは自己責任ということになるんでしょうね。
iPhoneをお使いの皆さんは、本当にiPhoneのこういった使い方を全て知っていて使っているのでしょうか・・・。

同じような悲しい経験をしないよう、皆さん是非iPhoneを修理に預ける際には、iCloud(かPCのiTunes)にバックアップを取れているか確認してください。また、iCloudの設定で写真や連絡先などをバックアップするよう設定しておきましょう。

 
⇒即日10分の iPhone修理はこちら


 

FacebookTwitterGoogle+Line

Xperia LTE版を oneshopmobile で買って分かった!

Xperia Z Ultra LTE版をAmazonのoneshopmobileで買いました!
まず買おうと思った最初の理由は、ちょうど タブレット と スマホ の中間くらいの大きさのスマホ欲しいと思っていたからです。今のスマホでは仕事に使うには画面小さすぎるし、iPadミニ とかでも少し大きくて常に持ち歩くには少し不便。かといって、スマホ と タブレット の2台を持ち歩くのも嫌だし。それと、できれば仕事中のメモを文字認識で取れたら便利だなぁと。

と思っていたところ、ちょうどこのZ Ultraの事をネットで知って、思わずコレだ!と思いました。幸いちょうどauの2年縛りが切れるところで違約金なくMNPができるというのも、今変えろと言われているみたいで。

最初は直接海外のネットショップからの購入を検討していましたが、Amazonでも送料と税金考えたらそれほど変わらなかったので、海外サイトから直接買うよりは少しは安心かと思ってAmazon経由で購入しました。販売元は深い理由は無かったですが、oneshopmobile (1shopmobile) を選びました。

Sony XPERIA Z Ultra C6833 LTE版(Black) 海外SIMフリー携帯

新品価格
¥37,500から
(2014/10/30 19:43時点)


Amazonで海外販売元の商品を初めて購入しましたが、香港のoneshopmobileから家まで届く過程がリアルタイムで分かって面白いですね。今香港出て、広州の空港から成田に着いて、今江東区の倉庫でとか、刻一刻と家に近づいているのが表示されてワクワクします。結局火曜の夜に注文して、金曜日の午後に予定よりも一日早く着きました。作戦かもしれませんが、一日早く来ると何かうれしいですね。

おそるおそる開けてZ Ultraのスイッチを入れましたが、日本語を選んだらすぐに立ち上がり、家のWifiにも難なくつながり使えました。初期不良とかは無さそうですね。早速いくつかアプリを入れてみて、こんな感じになってます。
xperia_z_ultra

使用感は、一言で言うと、サクサクですね!前のXperia Acroはもちろん、いつも使っている会社のボロPCに比べても結構速いです。さすが2.2GHz、4コアですねー。文字認識も、本当にフツーの鉛筆で字が書ける!まぁ、文字のテキスト変換具合はソコソコという感じでなかなかスラスラと文字書いてスムーズに認識してくれるまではいきませんが、最低限のメモ書きの文字認識くらいはできそうですね。

何が書きやすいかいろいろ試しましたが、今のところはこちらの「大人の鉛筆 (2mm)」が一番書きやすいですね。うちのスタイラス的なやつは、かすれてしまってうまく文字を書けませんでした。大人の鉛筆は、普通に鉛筆として紙に書く時も書きやすくて良いですね。

 

それから、イオンのb-mobile(イオンSIM)を契約してSIMをGETしました。auからMNP使って乗り換えて、Xperia Z UltraでLTE接続と音声接続ができることを、確認しました。 (ちなみに、moperaUの追加契約とかも必要なく、少なくとも イオンSIM であればそのままLTEつながりました。Xperiaのネットワークのその他の設定で、モバイルネットワーク、アクセスポイント名で、ユーザー名はbmobile@aeon です。テザリングも問題なくLTEでできて、快適です) 液晶保護フィルムはPDA工房さんのCrystalを一緒に注文しました。が、透明できれいなのは良いですがちょっとキズがつきやすいのと、光の反射が強いので、結局反射防止の方に買い替えました。 あと、iPadとかにもよくある普通の保護ケースは付属していましたが、ちょっとイマイチなので街に何か良いモノが無いか、探しにいきました。そこでちょうど良いサイズの入れ物を見つけました!TUMIのトラベル・オーガナイザー(DELTA)です。(Tumi 丸の内にて購入)

tumi

さすが、Z Ultraはパスポート・サイズなだけあって、パスポート入れが主目的なトラベル・オーガナイザーはサイズ的にぴったりでした。このTUMIのはちょっと高級感あるし、ちょうどサイフも新しいのが欲しかったので兼用で買いました。(2万くらいであんまり高くないし・・) サイフの中身も移して、今はこんな感じです。

tumi_inside

なかなかイイ感じですよね。結構気に入りました。しばらくこれで持ち歩いてみます。

 => 格安SIMに移行する方法





FacebookTwitterGoogle+Line