WordPress でこの Webサイト を 立ち上げ て分かった!


⇒WordPressの導入はこちらをご覧ください

【WordPress プラグインの導入】

WordPressを導入したサーバー(私は touchstone.jp)にログインすると、ページの一番上に WordPress のバーが表示され、サイト名のメニューを開くとダッシュボードを表示することができます。すると、左にメニューが出てきますので、そこで[プラグイン]を開き、[新規追加]を選ぶとプラグインを検索し追加できます。私は以下のようなプラグインを導入して使っています。

 Count Per Day 唯一これは必須と思っているビュー・カウンターのプラグインで、プラグインの[count]タグか、Counterで検索してからインストールし、有効化してます。日々どこの国の人が何回くらい見ているかが一目瞭然です。どのサイトから参照されているかや、どのページが一番アクセスされているかが分かって便利です。

WP Multibyte Patch: 改めて追加する必要があるのか分かりませんでしたが、WordPressの日本語修正を含むパッチです。念のためインストールし、有効化しておきました。

Share Button AddToAny: Admin系のプラグインで、導入すると投稿の下に、FacebookやTwitterへのLike/+1ボタンが表示できます。せっかくの投稿は、Facebookなどで皆さんに共有いただきたいですよね。

【WordPress の設定】
WordPress導入後に、サイトのメールに「モデレートしてください」というメッセージがたくさん届くようになりました。よくあるようです。自分の投稿に、参照したページへリンクを貼るとピンバックが送信されるためとのことです。WordPressの[設定][ディスカッション設定]の、[この投稿に含まれる全てのリンクへの通知を試みる]をオフにすることで回避できます。

その[設定][ディスカッション設定]は注意して設定するようにしてくだい。私は[新しい投稿へのコメントを許可する]は、オフにしてコメント不可にしています。(ディスカッションしたいサイトではないため) また、[設定][メディア設定]は表示されるイメージのサイズが決まるので、何通りかやってみることをお勧めします。私は中サイズを、480 x 300にセットしています。(縦が大きいとバランスが悪くなるため)

[設定][パーマリンク設定]は、[投稿名]にして、必ず名前を編集するようにしています。数字だと分かりにくくなってしまうし、URLが表示された時に名前の方が内容が分かりやすいかと思います。

【WordPress の外観変更】
[外観]メニューで、色やメニュー/サイドバーなどへの表示を変更することができます。好みで変更してください。 [テーマの編集]で、スタイルシートを直接変更することもできますが、上級者向けですね。

【WordPress をサブドメインに導入】
touchstone.jpは英語と日本語が混在しますが、GoogleのAdSenseなど広告を表示するためには一つのサイトでは不便であることが分かったので、サブドメインを使って分離することにしました。

Xserverのサーバー・パネルのトップの[サブドメイン設定]で[サブドメインの追加設定]をし、ドメインの前にサブドメイン名を入力すればあっけなくサブドメイン作成が完了します。当然無料です! 再びXserverのサーバー・パネルのトップで、左下の設定対象ドメインは変更せず、[自動インストール]の[プログラムのインストール]で[WordPress日本語版]の[インストール設定]を表示。[インストールURL]の部分でサブドメイン付きのURLを選択し[インストール(確認)]を実行することで、サブドメインに新しいWordPressの導入が完了します。

上級者は、最初にドメインに導入したWordPressに対しマルチ・サイトの設定をすることで、一つのWordPressで複数サブドメインを実現することができるので、チャレンジしても良いでしょう。

【WordPress のコンテンツ作成】
[固定ページ]メニューで固定ページを新規追加し、それを[設定][表示設定]メニューのフロントページの指定でその固定ページを指定することで、このURLの最初に表示されるTopPageとして登録ができます。(投稿ページは-選択-のままでよい)

次にいよいよアフィリエイトにチャレンジしますが、最初に利用するGoogle AdSenseのためには、まずは10ページくらいは作成しておいた方が良いので、がんばって投稿してください。

⇒3) アフィリエイト編へ続く

⇐1) 独自ドメインとサーバ獲得編

 

FacebookTwitterGoogle+Line

コメントを残す